《 知事選・道議選 》4/7(日)投開票!夜半に結果判明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 平成の最後となる統一地方選挙の知事選・道議選の投票日となった4月7日(日)は、肌寒さは感じつつも晴天の選挙日和となった。
chijiboard.jpg
 小樽を囲む周辺の山々にはまだ雪が多く残っているが、市街の屋根や道路からは雪が消え、市民は三々五々と投票所に出向き、一票の権利を行使していた。
 第19回統一地方選挙について(小樽市役所)
 《 知事選 》
 3月21日に告示された知事選は、30代と40代の若き新人の与野党対決となっている。立憲民主・国民民主・共産・自由・社民の野党5党が推薦の元衆院議員・石川知裕氏(45)と、自民・公明・大地の与党推薦の前夕張市長・鈴木直道氏(38)の新人2氏が、17日間の選挙戦で激戦を展開しており、7日の投票結果が注目されている。
 関連記事1
 関連記事2
 《 道議選 》
dougiboard.jpg
 3月29日に告示された小樽市選挙区(定数3)の道議会議員選挙には、5氏が立候補したが、実質的には政党所属の候補者4人による争いとなっており、今回も前回の僅差での厳しい戦いを再現しており、結果は最後の票が開くまで予断を許さないものとなっている。
 自民2、立憲1、共産1の4人の争いで注目されるのは、自民現・八田盛茂、立憲現・川澄宗之介、共産現・菊池葉子の3現職に自民前・佐藤ただひろが何処まで迫るか、道議選の地図が大きく変わる可能性がある。自民が2議席を確保できるのか、立憲と共産が引き続き議席を確保し、3党で分け合うのかが注目されている。結果は今日の夜半に判明する。
 関連記事1
 関連記事2
 北海道議会議員選挙立候補届出状況(小樽市選挙管理委員会)