《市議選》政党会派が全員当選!落選は無所属4人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


shigisen1.jpg
 統一地方選挙後半戦の市会議員選挙の投開票が、4月21日(日)に行われ、小樽市選挙区(定数25)に29人が立候補。激戦を展開していたが、自民・共産・公明・立憲民主の政党会派は、現職・新人の全員当選を果たした。落選4人は、すべて無所属で現職1・新人3だった。
 立候補者29氏の党派別内訳は、自民8(現5・新3)、共産5(現4・新1)、公明5(現4・新1)、立憲市民4(現4)、無所属7(現3・新4)となっていた。
 開票結果では、自民8(現5・新3)、共産5(現4・新1)、公明5(現4・新1)、立憲市民4(現4)、無所属3(現2・新1)となった。
shigisen2.jpg
 政党会派は、立候補通りに全員当選を果たし、無所属の現職1(石田博一)と新人3(すがわら康晃・竹田むねひろ・いわた正義)が落選となった。
 石田博一議員は、たった1人の前森井市長派の議員だったが、森井前市長の落選もあり、議席獲得はならず、森井色の退潮が目立つものとなった。
 当日の有権者数は101,287(男44,782・女56,505)、投票者数50,257(男22,337・女27,920)、投票率49.62%だった。
 投票率は、前回は(平成27年4月)60.19%だったが、今回は50%を切る49.62%の低調さで、これまでにない関心の低さを現していた。
 平成31年4月21日執行小樽市議会議員選挙開票結果
0421shigisenlist.jpg
 関連記事1
 関連記事2
 関連記事3
 関連記事4