手づくり感満載!デイサービス合同作品展示会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小樽市デイサービスセンター連絡協議会は、市内20のデイサービスが一同に会して、4月25日(木)~27日(土)の3日間、市立小樽美術館(色内1)1階多目的・市民ギャラリーで、「デイサービス合同作品展示会」を開催している。
dayserviceten1.jpg
今年で5回目となる同作品展示会は、職員のアイディアに驚くものがあるが、手先の器用な利用者が経験を活かしながら、活き活きと取り組む姿が伺え、作品展のためにと目標にも繋がり、年々レベルアップしている。
利用者の作品を市民に見てもらうことで、デイサービスをより知ってもらい、展示することで利用者の意欲を向上させ、デイサービス同士の交流を図ることを目的としている。
さをり織りの作品が目立つデイサービスセンターはる小樽稲穂(稲穂1)は、クリスマスツリーや布を使った小物を。
dayserviceten2.jpg
デイサービスセンター・ハーモニー(長橋2)は、紙で作った栞や紙コップで風鈴、デイサービスセンターだんらん(長橋5)は七福神が乗った宝船。
デイサービスいるか(富岡1)出展のネックレスは、ペットボトル1本から2本作ることができ、手づくり感満載だ。手稲区通所サービス連絡会は今回初参加した。
会場では、利用者が手作りしたアクリルたわしとわらじ、デイサービスで育てたミニひまわりの種などを、来場者に配布した。
4月末まで同会会長を務める山本めぐみさんは、「市の協力もあり、段々と回を重ね、広まってきている実感がある。年々レベルが上がり、デイサービス利用者全員が協力して作る作品が多い。80歳・90歳になっても作品を作り、見てもらいたいと頑張っている。あるものを使ってお金のかからない方法で素晴らしい作品に仕上げている。ぜひ皆さんにも見ていただきたい」と話した。

第5回小樽市デイサービス合同作品展示会 4月25日(木)~27日(土)10:00~17:00
市立小樽美術館(色内1)1階多目的・市民ギャラリー 入場無料
関連記事