気温がさらに上昇! 小樽でも23.8℃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月18日(木)の小樽では、昨日の今期最高気温をさらに上回る23.8℃(10:54)を観測し、春の日差しが降り注いだ。
道内173の観測地点の中、7番目の暖かさで、夏日となったのは湧別の25.0℃(14:19)だけだった。
0418weather.jpg
連日の陽気で、手宮公園をはじめ、庭先のキタコブシの白い花が開花し、木々の葉よりも先に花を咲かせた。
同公園のキタコブシの梢には、蕾を残しつつも沢山の花が咲き、散歩に訪れた人々の目を楽しませている。
運河公園の中央の噴水はまだ冬支度のままだが、桜の蕾は膨らみ始め、ベンチに腰を下ろす人や子ども連れが、日向ぼっこをする微笑ましい姿が見受けられた。
市内で一番最初に桜が咲くと思われるシオン教会も、標本木の小樽警察署の桜も、今日はまだ開花していない。

7月中旬並みの陽気も今日18日までで、明日19日(金)は前線が通過するため、夜から明け方にかけて雨が降り、日中は晴れる見込み。最高気温は10℃まで上がらず、平年よりも低めに経過する。
2019年4月18日の北海道の最高気温高いほうから