ネズミイルカのアツコ 2年ぶり4度目の妊娠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 おたる水族館(祝津3)は、ネズミイルカのアツコ(推定16歳)が、血液検査及び超音波診断の結果から妊娠を確認。2017(平成29)年5月以来、2年ぶり4度目の妊娠に、関係者は期待を寄せている。出産予定日は今年8月~9月頃。
 
 4頭のネズミイルカ(メス2頭・オス2頭)を飼育している本館1階の「ほのぼのプール」は、5月15日(水)から、妊娠・出産に向けて安定した環境作りのために、観覧を休止した。ディスプレイモニターを設置し、アツコとマナの様子が観察できる。(写真提供:おたる水族館 )
 アツコは、過去に流産の経験もあったが、2015(平成27)年5月15日(12歳頃)に出産を経験。オス(88cm・10.33kg)が誕生したが、難産のため、出産時に損傷を受けた肝臓から大量出血が原因でわずか9分後に死亡。
 
 その後、2017(平成29)年5月30日に3度目の出産を成功させ、メスの仔を産んだが、哺乳行動が見られず、人工哺育に切り替えたが、14日後に肺炎で死亡した。
 そして今回、妊娠が分かり、世界的にも珍しいネズミイルカの飼育繁殖に期待が高まる。
 ネズミイルカは、学術研究目的以外での生体での保持が禁止されているため、国内で、複数での飼育展示は当館だけとなり、北海道大学水産科学研究院と共同で生態を研究している。
 伊勢伸哉館長は、「生息数も少なく、まだ生態や繁殖について分からなく、課題も多い。前回よりも長く生きて、母乳を与えてくれればと思う。アツコの経過は順調」と話した。