特大にしんに舌鼓 祝津にしん祭り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
第11回おたる祝津にしん祭り(山岸篤史実行委員長)が、6月1日(土)・2日(日)の両日、祝津前浜(祝津3)で開かれている。
 好天に恵まれ、目玉となる前浜で獲れた30cmほどもある特大にしんが、各日500尾ずつ無料配布されるため、12:00の整理券配布に9:00過ぎから並ぶ人の姿も見られ、市内外から大勢の人が集まり、炭火で焼きたてのにしんに舌鼓を打った。
 
 日本遺産に、同祭りの地元である祝津の高島岬(日和山)も構成要素のひとつとして加わり、日本遺産記念特別企画として、日本遺産を巡るツアーや祝津前浜にしん釜露天風呂を初企画した。
 
 9:45から、小樽稲荷神社・木村文彦宮司による安全祈願祭が行われ、山岸実行委員長をはじめ、迫俊哉小樽市長、藤本裕之.小樽海上保安部長ら関係者約30名が出席した。
 引き続き、オープニングセレモニーが行われ、主催者を代表して山岸実行委員長は、「新企画のひとつとして鰊釜露天風呂や、日本遺産に追加認定された日和山灯台の特別公開も行われている。鰊のぼりは、子どもが増えて3匹となった。にしんを食べて楽しんでもらいたい」と挨拶。
 
 小樽鰊御殿が主催して、にしん幼魚の放流式が行われた。おたる水族館職員により、小樽市漁業協同組合寄贈のにしん幼魚約500尾をバケツに分けて手渡し、参加者ひとりひとりの手で海に放流。
 
 会場では、祝津海産市場即売会が開かれ、カレイ・ウニ・ホタテ・海老、水産加工品を販売。
 
 ホタテやウニ、イカなどの海鮮焼きの香りが漂い、橋本商会が、海老・鶏・あおさ・にしん・たこなどのつみれが入ったつみれ汁を100円で提供。かね丁鍛冶商店では、田舎炊きにしんやしまほっけふっくら小樽煮・寒干棒たら炊きを3袋1,000円で販売した。
 移動販売車・タルシェ号では、小樽水産加工品グランプリ受賞商品も試食で提供して販売。赤井川の採れたてアスパラや、小樽夢会議で開発したオタリアンボール(4個入り300円)の初お披露目など、後志の美味しい物を提供している。
 
 実行委員会ブースでは、両日300食限定のプチ小樽群来太郎丼やホタテ汁、ホテルノイシュロス小樽特製のしりべしコトリアード、初登場のにしんバーガーを販売。同ホテル・青塚食堂・マリーナ食堂で、祝津特製シーフードカレーを両日50食限定販売している。
 塩かずのこつかみ取り、ホタテ稚貝・手のひらカレイつめ放題も人気を集めた。
 
 市内の女性は、友人と3人で、4、5年ぶりに同祭りを訪れ、「1時間ほど並んだ。家ではできない味。全然違って美味しい」と満足していた。
 
 その頃、鰊釜の湯加減も丁度良くなり、札幌から訪れた山田楓君(5)は、鰊釜露天風呂を体験し、「気持ち良かった」と話し、母親は、「なかなかできない経験」と笑顔で話した。
 2日目の2日(日)も10:00から開催。同即売会は売り切れ次第終了。小樽群来そばを楽しむ会や、ホタテ、イソガ二釣り体験、鰊漁場フットパス、小樽産かずのこつかみ取りなどを予定している。