33・80記念展 潮陵傘寿同窓生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 小樽潮陵高校を1958(昭和33)年に卒業した同期生有志が集う「潮陵 33・80記念展」が、6月12日(水)から16日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリーで開かれ、会場は、初日から大勢のOBや懐かしい友人が来館し、賑わっている。
 
 市内をはじめ、東京・神奈川・千葉等に住む同窓生14名の男女や、先輩や恩師・孫など5名の版画・水彩・油彩・書道・写真・刺繍など、個性溢れる作品55点を展示している。
 この作品展は、同校を1958(昭和33)年卒の同期仲間が集まり、これまでに、卒業後55年・70歳・77歳の節目に作品展を開催。今回は80歳の傘寿を迎えた今も、それぞれの趣味を持ち続けた仲間が自慢の作品を発表している。また、懐かしい友人に会える貴重な機会にもなっている。
 
 同会の開催に向け、中心となって活動してきた室谷勝正さんが先月亡くなり、小樽在住の新井正浩さんと番雄一郎さんが引き継いだ。
 木版画家の新井さんは、「覚えていますか?」と題して、1957(昭和32)年に発生した火災後に、体育館を教室にした風景を木版画で表現した。
 修学旅行から戻り、翌日から登校という時に火災が発生。誰もが記憶に残っている思い出の風景を懐かしみ、会話が絶えない。
 5年前に東京に移転した横川洋江さんは、長年小樽で戸塚刺しゅうの指導者として活躍。当時の生徒らが来館し再会を喜んでいた。
 
 常に学ぶ心を忘れない横川さんは、東京で学びながら制作したバッグとランチョマットを発表。「5年ぶりに小樽を訪れ、久しぶりに皆さんに会えて嬉しい。小樽では、美味しい物を食べて、懐かしい風景を楽しんでいる」と話した。
 新井さんは、「作品を展示してみて、手芸・陶器・洋裁・写真・絵画・書道など、他とは違うバラエティーに富んだ作品展。会場に展示することで、自分の趣味を高めている」と話した。
 
 潮陵 33・80記念展 6月12日(水)~16日(日)10:00~17:00(最終日15:00)
 市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー
 入場無料