ロシア文化に触れる! 本気プロコラボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 T.T.T ABROAD ACADEMY ✕ 小樽商大本気プロ「ロシアとの交流による小樽活性化」チームがコラボし、6月15日(土)16:30~19:00、J-DANCE~TAQMI~スタジオ(花園2)で、「芸術の都・サンクトペテルブルクとロシア文化〜ロシアとの交流による小樽の活性化〜」と題してイベントが開かれ、ロシアに興味を持つ市民ら約50名が参加し、ロシアの芸術や文化に触れた。
 
 主催する同ACADEMY代表の高橋匠美氏は、ワガノワバレエアカデミー、ミハイロフスキー劇場、労働人文大学日本語教師、サンクトペテルブルク国立大学、ロシアでJ-DANCE~TAQMI~を起業。帰国後、小樽で国際文化交流イベント同ACADEMYを立ち上げた。
 
 チャイコフスキーの曲に合わせ高橋代表が即興でバレエを披露し、「芸術の都・サンクトペテルブルクへ」についてやロシアの経済や文化などを、クイズ形式で語り、同氏と高野宏康氏らが、昨年12月に渡航して行われた同地での観光セミナーの様子を映像を交えて紹介した。
 また、本気プロメンバーが制作した日本語会話フレーズ集を参加者に配付して、ロシア人向けの日本語会話レッスンのデモンストレーションやロシア料理のプリヌイ(ロシア風クレープ)の試食会も行った。
 
 20日(木)~22日(土)開催の龍宮神社例大祭時には、プリヌイブースの出店を行い、ナホトカのバスケットチーム使節団の来樽時に、日本語教室や浴衣で観光を企画するナホトカ交流事業をアピールした。
 高橋氏は、「13年間ロシアで生活した経験を生かし、文化芸術の素晴らしさを地元小樽の人々に伝えたい。地方にいても世界的アーティストと交流する機会を作り、ロシアとの架け橋になりたい」と述べた。