食と酒の収穫祭 ワインカーニバル9/8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第33回目となる北の収穫祭「ワインカーニバル」が、9月8日(日)10:00~15:30に、北海道ワイン株式会社(朝里川温泉1)SL広場で開かれる。

 昨年は胆振東部地震発生の影響で中止となるも、ひと月後に、市内の企業が結集し、「北の収穫祭ワインカーニバル with 小樽のゆかいな仲間たち 小樽元気宣言!小樽でお・も・て・な・し!!」として開催。

 今年は、例年通りの日程で、実行委員会に小樽市と観光協会が新たに加わり、同社を中心に、小樽観光と産業を盛り上げ、地元の酒も楽しめるイベントとして、秋を満喫する食と酒の収穫祭を開催する。

 肉の店ふかざわの炭火ローストビーフをはじめ、後志の食材をふんだんに使ったしりべしコトリアードや黒松内町トワ・ヴェールの大鍋チーズフォンデュ、札幌のRed Chiliのワインソフトなど、移動販売車5台を含む約40店舗が軒を連ねる。

 同社創業43年を誇る日本最大規模の鶴沼ワイナリーで収穫された、深い想い入れがある白ぶどう品種ミュラー・トゥルガウを、第1号酒(1979年)の復刻版ラベルで、一般発売前日のカーニバル当日に発売。会場のワイバーとワインギャラリーで販売する。

 長蛇の列を作るお楽しみワインくじは1回1,000円で、最高12本が当たる。

 ステージでは、恒例の湯原昌幸氏や小樽の歌手叶やよい氏の歌謡ショーなどで賑わう。抽選券を配布した20歳以上100名のうち男女10名ずつの当選者が、12本のワインのコルクを先に抜いた人が勝ちとなる、北海道ワイン杯コルク抜き大会に出場。毎年大いに盛り上がるイベント。

 会場へは、無料送迎バスの利用を呼び掛け、15分間隔でJR小樽駅前ルートと30分間隔で新光・朝里、桜・望洋台ルートを運行。JR小樽駅前ルートの帰り便では、市内散策にとすし屋通りと運河ターミナル経由となる。

 小樽観光協会ブースでは、「小樽の酒大集合」と題して、北海道ワイン・オサワイナリー・田中酒蔵・小樽ビール・北海道麦酒醸造の5種飲み比べ50セット限定でを500円で販売する。

 昨年に続き、北照高校ボランティア約30名が、ゴミの分別や会場整理等に協力する予定。入場無料で、飲食物の持込は禁止。

 同実行委員会は、「ワインや地酒、地ビールと共に、地元店舗を主体とした食や様々なステージイベントをお楽しみいただけます。ぜひともご来場ください」と呼びかけた。

 

 ◎北海道ワイン(株)HP(外部)

 ◎関連記事