秋のおたる歴史紀行音楽きこう9/14・15

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 浅草橋オールディーズナイト実行委員会(斎藤仁実行委員長)は、歴史的建造物である旧小樽倉庫(色内2・運河プラザ3番庫)をステージに、9回目を迎える秋のおたる歴史紀行音楽きこうを、9月14日(土)・15日(日)に開く。

 

 歴史的建造物を使って活用するコンセプトの下、ゴールデンウィークにも春バージョンを開催。高校生バンドの講習会と発表会を無料公開し、一般バンドは、各日1ドリンク付きで1,500円の有料となる。

 

 過去最多となる、小樽水産高校から6バンド・厚別高校から2バンドが講習会に参加。すべて1・2年生で初出演。高文連軽音楽部門の新人戦に札幌代表で出場する厚別高校生バンド「sir-etok」も参加を予定している。

 

 北海道芸術高等学校音楽理論講師・札幌スクールオブミュージックバンドアンサンブル講師の藤田圭一郎氏が講師を務める。プロの演奏家から直接手ほどきを受ける貴重な機会で、その成果を2日目の発表会で披露する。

 

 藤田氏の総評前には、小樽案内人の大井厚夫氏による、小樽の歴史や建物等日本遺産を語る、歴史紀行と題した講演会を行う。

 

 一般バンドは、14日(土)17:20~19:20に3バンド、15日(日)14:30~19:40に小樽と札幌の8バンドが出演。フォークやロック、J-ポップなどの懐かしいナンバーが流れる。

 

 斎藤実行委員長は、「イベントのメインは、次世代に向けた高校生バンドの講習会となるが、その後は一般部門も出演。若い世代にも関心をもってもらいたい」と、来場を呼びかけた。

 

 ◎おたる☆浅草橋オールディーズナイトHP

 ◎関連記事