蚤の市やバルーンアートで 秋のみやこ市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小樽都通り商店街(稲穂2)は、9月19日(木)から23日(月・祝)まで、盛りだくさんなイベントで秋のみやこ市を企画。同商店街を彩る第13回アートストリートも同時開催した。

 

 同商店街の店舗で3,000円以上の買物で、挑戦できる秋の三角くじ抽選会は、1等の同商品券1万円分を10本用意した。

 

 20日(金)の目玉は13:00からみやこ鳥前で、秋の味覚を代表する後志産じゃがいもバケツ1パイ100円で販売する即売会を企画。ジャガイモは1トン用意しているので、11:00より前に並ばないよう注意を呼びかけた。

 

 21日(土)は、ジャグリングパフォーマーのクロさんのショーを、11:30と13:30に旧石川屋周辺で実施。難度高いジャグリングパフォーマンスに注目。

 

 同商店街を彩る第13回アートストリートも同時開催され、「宇宙」をテーマに、クロさん・カームさん兄弟と、小樽商科大学笑店メンバー10名が製作。2日間かけて、風船2~3,000個を使い、会場に惑星やスペースシャトルを製作した。

 

 小樽を拠点に活動するパフォーマーのカームさんは、「小樽出身なので、商店街が賑わってくれると嬉しい。商大生がいるから出来事で、笑店は大きな力となる」と話した。

 

 駅前通り側には、ウエルカムバルーンを設置して、顔出しもあり写真スポットに。ブラックホールや4m級のシャトルバルーンは、日没から20:00までライトアップも。惑星をバルーンで表現し、商店街を華やかに飾っている。

 

 期間中4日間開催の都通り蚤の市では、絵画・彫刻・クラフト・手芸など手づくり品を販売。

 

 21日(土)11:00から無農薬野菜市、22日(日)は12:50からジョイポート前に集合して、遊戯王カードゲーム大会、13:00から小樽商科大学笑店によるゲームなどを実施する予定。

 

 

 19日(木)・20日(金)の11:00から15:00まで、ぎんざ前で手作りワークショップ&雑貨市を開催。商店街加盟店舗は、みやこ市に合わせ特典を用意している。

 

 同商店街・岩永尚己事業委員長は、「バルーンアートでは、スペースシャトルや太陽系の惑星も大きく作ってあり、これらをバックに写真を撮るなど、市民も観光客にも楽しんでもらいたい」と来場を呼びかけた。

 

 ◎小樽都通り商店街公式HP(外部)

 ◎関連記事