練習の成果を発表! 直江バレエ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 直江博子創作バレエ研究所(上野亜希子代表)の2年に1度の発表会が、10月5日(土)18:00から、小樽市民会館(花園5)で上演される。

 

 発表会とコンサートを1年毎に開催し、第31回目の発表会は、ゲストを交えた3歳から大人までの男女約35名が出演。オープングパフォーマンスを全員が舞う。

 

 アドルフ・アダン作曲「海賊」より子どもたちの踊りと、第2幕より海賊と美しい娘メドーラの物語のグラン・パ・ド・ドゥを。ゲストに、スターダンサーズバレエ団の池田武志氏を迎える。

 

 札幌出身で帯広在住の東海林靖志氏の演出・振付の「unfix」は、同バレエのために作ったオリジナルのコンテンポラリーダンス。俳優の大川敬介氏が出演し、新しいスタイルのダンスを披露する。

 

 また、英国ロイヤルバレエ団人気のレパートリーのひとつ、フレデリック・アシュトン振付の「スケートをする人々」を小樽で初公演する。エドワード王朝時代のスケート場の風景を描いた一幕もののバレエで、凍った池でスケートをする人々の様子が描かれている。上野代表も30年前に札幌の公演会で踊った経験のある思い出の作品。

 

 この発表会のために、4月から練習を重ねてきた上野代表は、「初公演の“スケートをする人々”は楽しい作品で、コスチュームも可愛く思い出深い。いつかやりたいと思っていた。

 

 一昨年前に、直江バレエ60周年を迎え、大作のジゼルという思い出深い憧れの作品を上演でき、嬉しく思った。今回は、新しい時代に入り、現代スタイルのコンテンポラリーダンス、有名なグラン・パ・ド・ドゥも見所のひとつ。新しいスタイルのバレエをぜひ観てもらいたい」と話した。

 

 直江バレエ第31回発表会 10月5日(土)開場17:30・開演18:00

 小樽市民会館<大ホール>(花園5) チケット指定3,500円・自由2,500円

 問合せ 0134-23-4810 直江博子創作バレエ研究所。

 ◎関連記事