雷神古俣の軌跡 60th Anniversary 雷神祭11/2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽出身のミュージシャン雷神古俣氏(60)のこれまでの集大成となる、雷神古俣 60th Anniversary 雷神祭が、11月2日(土)17:00から、小樽GOLDSTONE(色内3)で開催する。

 

 アコースティックソロで参加する雷神氏とハードロックのAIR RAID、10年ぶりに結成したハードファンクロックのjumpingkick、ブラスロックのスターレスneoに、旧知のAYA with HOT &COOLとみすちばすが参戦して6バンドが集結。

 

 2017年1月発売のCD「雷神古俣 吼桜」を全国リリースしたStoic’sが主催。同CDは、北国からすべての人へ愛と勇気を込めたオリジナル6曲をアコースティックで奏でている。

 

 雷神氏は、「これまで生きてきた60年の軌跡。上手くなりたいとコツコツと積み重ねてきた。その集大成を観てもらいたい。自分にとっても良い節目でもある。これ以上ないプレイをしたい」と意気込みを見せた。

 

 子どもの頃から母親の影響でレコードを聴いて育ち、中学生の時に友達のギターに初めて触れ、高校3年生の時にドラムとベースの後輩に出会い、ギターを始めた。現在も小樽在住のプロミュージシャン。

 

 20歳で曲を作り、道内外で音楽活動を行う。特徴あるギター奏法で、ギターを膝の上に寝かせてピアノのように、また背中でも弾くパフォーマンスで、情熱溢れる音楽にファンを魅了している。

 

 10年前から、アコースティックギターを始めたことが、様々なミュージシャンとの出会いへと繋がる。

 

 タイトルから考え、詞は人間関係の構図を歌い、ベトナム戦争やベルリンの壁崩壊、アフガン戦争など、人間に喩えているという。

 

 Stoic’s の髙橋将友代表は、「僕自身楽しみでもあり、出演バンドの皆さんもお祝いしたいという気持ちは同じ。最高のLiveイベントに期待していただきたい」と話した。

 

 雷神古俣 60th Anniversary 雷神祭 11月2日(土)開場16:30、開演17:00

 前売2,500円・当日3,000円、1ドリンク付き・税込

 チケットは、Stoic’s 予約メールと会場のGOLDSTONE(0134-33-5610)、各出演者から予約を受け付ける。問合せ Stoic’s