小樽観光プロジェクト開催 商工会議所青年部 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽商工会議所青年部の小樽観光プロジェクト実行委員会(熊澤龍一郎実行委員長)は、昨年に引き続き11月3日(日)に、小樽観光プロジェクトを開催。

 

 小樽観光ガイドツアーとガイドブックの配布、イルミネーションを点灯する内容で、ガイドツアーの参加者を募集している。同チラシに必要事項を記入し、10月30日(木)17:00までにFAX(0134-29-0630)で申し込む。当日参加もOK。◎申込用紙

 

 同ツアー参加者は、13:00から小樽運河プラザ(色内2)内で受付を済ませ、おたる案内人ボランティアガイドの会・阿部英一氏による、小樽について知識を深める講演会(30分)に参加。その後、同案内人12名がガイド役を務め、10班ほどに分かれ、14:00~17:00にツアー出発。

 

 北運河方面も加わり、北前船の寄港地として小樽の魅力満載の昨年よりもグレードアップした内容で、昨年の137名を越える150名の参加を見込む。

 

 昨年参加した人も再び楽しめるよう、普段立ち入ることのできない旧第一銀行小樽支店(トップジェント)を公開する。

 

 同ガイドブックは、小樽の歴史や歴史的建造物を掲載し、街の理解を深める内容で、案内人おススメ観光コース、食や土産、催しも含めた内容。今回から、インバウンドに対応した英語と日本語表記にグレードアップし10,000部発行。11月に、ホテルや観光案内所、商工会議所関係、ガイドツアー参加者にも配布する。

 

 11月3日(日)17:00~2020年2月6日(木)、旧手宮線から運河プラザまでイルミネーション「運河へつづく白い路」を実施。

 

 同青年部観光振興委員会の萬事義和委員長は、「観光客には小樽の魅力を感じてもらい、リピート率の向上を。市民には郷土愛を感じ、観光地としての認識を深めてもらいたい」と期待した。

 

 問合せ 0134-22-1177 小樽商工会議所担当:田中

 

 ◎小樽商工会議所青年部HP(外部)

 ◎関連記事