部活動の集大成 菁園中吹奏楽部定期演奏会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽市立菁園中学校(花園5・名取俊晴校長)吹奏楽部による、第11回定期演奏会が、10月19日(土)14:00から小樽市民会館(花園5)ホールで開かれ、部活動の集大成を披露。約600人の来場者は、会場に広がるメロディーを堪能した。

 

 加藤友美・大谷侑希顧問が指導する同部員1~3年生26名が総出演し、バレエ音楽「ドン・キホーテ」よりパ・ド・ドゥや校歌を含め、全15曲を心を込めて奏で、来場者は、菁園サウンドに大きな拍手を贈った。

 

 8月7日の全日本吹奏楽コンクール札幌地区大会では、4年連続の金賞を受賞した実力校。日頃の練習の成果を披露するとあって、同演奏会を楽しみにしている市民や家族らで、客席はほぼ埋め尽くされた。


 プログラムは2部構成で、1部では、「あんたかたどこさ」の主題による幻想曲、エルガー作曲の「愛のあいさつ」など8曲を演奏。

 

 2部では、各パートの紹介も兼ねて始まり、息の合った演奏を披露。名探偵コナンのメインテーマや、お馴染みの曲を盛り込んだJ-POPメドレーで、演奏に合わせ歌とダンスのパフォーマンスもあり、約1時間半ほどの演奏会は、熱気冷めぬまま終演となった。

 

 同部は、地域で開催の「社会を明るくする運動街頭パレード」をはじめ、各イベント等に積極的に参加し、地域に根ざした活動を続け、年間約20回ほどの演奏会を実施している。

 

 11月3日(日)15:00からは、市民センター(色内2)マリンホールを会場に、小樽市立菁園中学校合唱同好会演奏会を予定。入場無料。

 

 ◎菁園中学校HP(外部)