ウイングベイ小樽にロシアバレエスクール開校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽の子ども達にも世界に視野を広げる機会をと、ウイングベイ小樽(築港11)にあるスポーツ&スパリゾート小樽 by ソプラティコに、ロシアバレエ教室(J-DANCE~TAQMI高橋匠美代表)を11月7日(木)に開校する。


 
 高校生の頃、ロシア国立ワガノワバレエアカデミーのオーディションに合格し、芸術家の称号を持った人々から直接学び、マリインスキー劇場やエルミタージュ劇場等で公演経験を摘み、文化芸術に直に触れてきた同代表は、ふるさと小樽の人々に、身につけた文化芸術を伝えようと、市役所通りでバレエ教室とロシア語教室を開校。

 

 サンクトペテルブルクとの芸術交流がスタートしたが、同代表は技術に差があることを痛感。本場で学んだ自身の経験を生かし、将来、世界に羽ばたく人材育成の力になりたいと、ウイングベイスクール開校を決意。

 

 開校を記念し、12月8日(日)14:00から、無料セミナー「ロシアバレエの魅力」を開催。世界で愛されている「くるみ割り人形」・「白鳥の湖」などの見所を解説し、同氏による演技を披露。衣装は、同氏デザインのオーダーメイド。セミナー後には、同施設のスパも無料で利用できる。


 
 同代表は、「好きなことを磨くと幸せになれる時代。表現するのが好き子は、ぜひ挑戦して好きなことを追求してもらいたい。そんな楽しみを見つけてもらいたい」と話した。

 

 ◎高橋匠美 OFFICIAL WEBSITE(外部)

 ◎関連記事