小樽駅ゆき物語 ガラスアートギャラリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月1日(金)に開幕した小樽ゆき物語に関連して、小樽観光の玄関口JR小樽駅で、ガラスアートギャラリーが6日(水)から始まった。2020年2月2日(日)まで。

 

 今年のテーマは「雪だるま」。市内8つのガラス工房作家が、それぞれにイメージする雪だまるを表現し8つの物語を展開している。

 

 同駅に降り立った観光客や利用客は、思い掛けないアート作品の歓迎に、足を止めて見入っていた。

 

 初出展のアトリエ・セツ代表の山田セツさんは、「Snow“Wedding”Story」と題して、この街で出会った2人の幸せな物語を作品に。

 

 ガラス絵のイメージ・グラスの木村由紀子さんは、「日本 cha-cha-cha」。夫婦(めおと)のゆきだるまに、日本をイメージする寿司や折り紙・桜・富士山をコラージュした作品。

 

 Kim Glass Designの木村直樹さんは、透明感を感じてと「こおりゆきだるま」。

 

 glass art N+の川田由香里さんは、64個の雪だるまを縦横8列に並べ、1つだけ違う雪だるまを探す“まちがいさがし”を作品に。回答は同工房のHPで。

 

 

 glass work・fu-gaの廣川雅恵さんは、繊細なガラスでできた「雪だるまのチェス」。

 

 小樽 il PONTEの新戸部悠介さんは、雪の中からゆきだまるが現れた「ゆきだるもんすたー」。

 

 北一硝子見学工房の長内代志子さんは、キャンドルスタンド「ポイントセチアと雪だまる」を。

 

 ザ・グラス・スタジオインオタルのOne Teamは、みんな違う大小7体の雪だるまが集結。

 

 

 恒例のガラスアートギャラリーの登場で、冬の到来と小樽余市ゆき物語の開催を告知している。
 
 
 ◎小樽ゆき物語HP(外部)

 ◎関連記事