小樽年末年始特集~ゆく年くる年~除夜の鐘~

 「除夜」とは「旧年を除く夜」という意味で、12月31日の大晦日の夜をいう。大晦日には、108の除夜の鐘をつき、この鐘の音を聞き、ゆく年1年の反省をし、煩悩を取り除いて、清浄な心身で、くる年の新年を迎える。

 

 小樽市内でも、梵鐘のある多くの寺院で、大晦日の除夜の鐘がつける。小樽市内の代表的寺院での「除夜の鐘」を紹介。

 

 近年、全国的に、鐘の音がうるさいとのクレームを受け、中止を決める寺院もあり、さらに今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止や自粛など様々な対応に追われているが、日本の伝統行事として残してほしいとの声も。

 

 外出できないこのご時世、バーチャルでも除夜の鐘が体験出来るサイトがある。

 

 ◎浄土宗〜バーチャル除夜の鐘(外部)

 

 

龍徳寺
(真栄1-3-8)
0134-22-0523

23:45より鐘をつき始める。誰でも鐘をつける。
0:00前より、本堂において祝祷諷経(シュクトウフギン)を行う。終了後、金毘羅堂で転読大般若(テンドクダイハンニャ)の祈祷を行う。
2日・3日も7:00から、祝祷諷経・転読大般若の順で行う。

量徳寺
(入船1-7-1)
0134-34-2244

除夜の鐘は中止し、12月31日17:00~1月1日10:00は寺を閉門。
御用の方は12月31日17:00までにお越しを。
元日11:00から本堂で修正会(しゅうしょうえ)を行う。

本願寺小樽別院
(若竹1-4-17)
0134-22-0744
除夜の鐘は中止。
12月31日15:00から除夜会を行う。
浄応寺
(石山町5-1)
0134-23-1224
0:00から住職が最初につき、マスク・手袋を着用し、距離をとって並ぶ。
108まで1時間半ほどかかるが、寒くなる予報があり、縮小するかもしれない。
甘酒の配布を中止。
正法寺
(緑2-31-4)
0134-32-8992
未定
天上寺
(入船4-32-1)
0134-23-0975
マスクと手袋着用で間隔を空けて並び、分散して来訪を。
本堂で、これまでの甘酒配布を、108人限定サイコロキャラメルと缶甘酒と一緒にビニール袋に入れて渡す。
暁了寺
(塩谷1-19-20)
0134-26-1013
11:30からつき始める予定で、待つ方には暖房とトイレ等はあるが、集まらずに分散して来訪してもらいたい。
妙国寺
(入船2-6-23)
0134-22-2592
除夜の鐘と本堂のお参りともに中止。
本念寺
(赤井川村赤井川309)
0135-34-6674

来訪者には、番号札とカレンダーを配布し、17:00から寺玄関で大鏧)だいきん)を叩き、18:00から除夜会を行い、その後、天気が良ければ外で、スカイランタンを飛ばす。
年明けの0:00に本堂で元旦会を行う。