小樽市内新型コロナ感染状況 新規陽性26名

 小樽市(迫俊哉市長)は、5月14日(土)に、市内6,872〜6,897例目(道内326,974〜326,999例目)となる新型コロナウイルスに感染した患者26名を確認したと15日(日)15:00に発表。再陽性者はいない。

 

 症状は軽症が23名・無症状3名、重症者はいない。本日の26名のうち15名は市内の陽性患者との接触で、残り11名は感染経路不明。

 

 52例目となる高齢者施設は職員16名と入所者56名の合計72名、53例目となる医療機関は職員4名と入院患者9名の合計13名、54例目となる高齢者グループホームも職員3名と入居者6名の合計10名のまま。クラスター関連の新規と収束はない。

 

 現在、病院や高齢者施設においてのクラスターに関して調査を行うが、それ以外は追跡しないとし、今後のクラスター収束については、最後の陽性者から10日間経過後、その職場内の濃厚接触者について1週間の経過観察を見ることを実施。

 

 保健所では、1月に入ってから感染が拡大して新規陽性患者が急増しており、積極的疫学調査の重点化で対象範囲を縮小するとした上で、濃厚接触者を陽性者の同居家族のみを調査対象とし、それ以外については調査対象外としているが、4月から検査と健康観察について一部業務の変更を行うとした。

 

 (1)陽性者の同居家族で濃厚接触の無症状者については、4月22日(金)から、委託を受けた医療機関で検査を実施するとして、検査を希望する人が発熱者相談センター(0120-510-010/24時間対応)に相談し、検査可能な医療機関を確認し、各自で医療機関に検査を申込む。症状のある人は、これまで同様にかかりつけ医、または相談センターへ連絡を入れる。

 

 本日15日は、学校関連での発表はない。現在、小学校1校・1学級と中学校2校・3学級が閉鎖中。本日いっぱいで解除となるのは2中学校・2学級。

 

 4月29日(金)から、市職員の新型コロナウイルス感染症の感染が確認された際の公表は、感染状況の変化や、感染予防対策の実施により業務に支障を来すことがなくなっていることなどから、今後、職員の感染により市民に影響が生じる場合以外は、報道発表や市HP掲載を行わないこととした。

 

 ◎市職員の新型コロナウイルス感染の公表の取扱い等について(外部)

 

 発熱やせきなどの症状がある人で、かかりつけ医がいない場合の小樽市発熱者相談センターは、4月1日(金)から無料でかけられるフリーダイヤル(0120-510-010・24時間対応)となる。

 

 小樽市における現検査状況は、累計66,888名のうち陽性者6,897名(再陽性者65名を含む)。陽性者のうち入院中28名・宿泊療養施設9名・自宅・施設療養423名・宿泊療養等調整中0名、陰性確認済等6,366名、死亡71名。

 

 ◎自身や身近な人が新型コロナに感染した時の対応について(外部)

 ◎小樽市新型コロナウイルス感染症情報(外部)

 ◎新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(外部)

 ◎5月15日新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(PDF)

 ◎小樽市内の新型コロナウイルスの検査の現況(外部)

 ◎関連記事