2019年1月のベストマスター
EZO Leather Factory

菊地 泰仁マスター

メルヘン交差点から港方面に少し歩くと、今年4月にオープンした蝦夷鹿皮専門店「EZO Leather Factory(エゾレザーファクトリー)」がある。

蝦夷鹿革を素材にした商品が8割を占め、財布やカードケースなど自社内の工房で製作したブランド“シンシア”や、札幌や帯広などの職人が作るおしゃれな商品をラインナップ。北海道に生息している鹿と職人から、「メイドイン北海道」をテーマに展開中。

代表の菊地泰仁さん(39)は、札幌市出身で札幌在住。市内のガラス工房ilPONTE(イルポンテ・色内2-1-19)内で皮製品の販売経験もあり、小樽とは馴染み深い。

蝦夷鹿の皮や角を使った商品は珍しく、観光客の北海道土産にも最適では?と、観光客の多い小樽に店を構えた。

蝦夷鹿皮の魅力は、柔らかくしっとりしていること。菊地代表も財布を愛用し、使い込むほどに光沢が出て経年変化が楽しめ、牛皮に比べて油を塗ったりするメンテナンスが必要ないので使いやすい。人気NO.1は、蝦夷鹿皮に伊達市の藍染を施した商品。最初の藍色が、使っていくうちに味が出てくる。

自社内に工房を構えることで、オーダーもメンテナンスにも即対応。例えば、財布のカードを入れるスペースを増やすなど、自分の使い勝手に合った気に入った商品が提供できる。

ブランド名の“シンシア”は、“誠実”の意味があり、理想に誠実に応えたものづくりを心がけているという。

菊地代表は、有害駆除を行うハンターでもあり、中川町が平成24(2012)年から実施の蝦夷鹿1頭の命を丸ごと繋ぐ「イノチヲツナグプロジェクト」に賛同。中川町の工場で解体し、皮・角・肉・油分と無駄なく使うことにも力を入れている。

小樽の店でも、蝦夷鹿皮・角製品に加え、鹿肉料理を提供し、鹿肉の販売もできればと、今後の夢を語る。

「“小樽ジャーナルのマスター記事を見たよ!”で、シンシアと自社製品に限り、フルオーダーとカラーオーダーを10%OFFにて提供したい。ぜひご来店を」と呼びかけている。

EZO Leather Factory

小樽市住吉町1-1

営業時間:10:00~18:00

定休日:なし・年末年始(12月30日~1月2日)

電話:0134-64-5313

お店のHP