気象情報:26日夕方から27日昼頃にかけて大雪の恐れ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 札幌管区気象台は、26日午後4:15に「後志北部を中心に、26日夕方から再び雪雲が発達し、これから27日朝にかけて、降雪量が局地的40cmの大雪になる」と発表した。
 これは「北海道付近に冬型の気圧配置が続いており、上空には強い寒気が入っており、寒気は26日夕方からさらに強まり、27日明け方には、上空約5,000mで、氷点下48℃以下の記録的な寒気が入る見込み。このため、石狩・後志地方では、26日夕方から27日昼頃にかけて大雪となる恐れがある。後志北部(小樽市など)では、27日午前0:00頃から朝のうちにかけて、大雪警報を発表する可能性があるというもの。
 25日午後6:00から26日午前6:00までの降雪量は、小樽で17cm。大雪のピークは、27日午前0:00から朝のうちにかけて。26日午前6:00から午後6:00までの降雪予想は、後志地方で15〜20cm。26日午後6:00から27日午前6:00までの降雪予想は、後志北部で30〜40cmで、27日昼頃までに降雪量は60cmを予想している。このため、26日夕方から大雪による交通障害や雪崩れに注意を呼びかけている。
 札幌管区気象台HP http://www.sapporo-jma.go.jp/
 気象庁気象情報  http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jp/kishojoho/fuken.0104/index.html