雪降り続く市内に「大雪・なだれ注意報」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 札幌管区気象台は、1月31日11:25、発表中の後志北部(小樽市含む)に、「大雪・なだれ注意報」の対象期間を変更し、「31日明け方から夕方までの降雪量が、局地的に30cmとなる見込み」とし、「大雪による交通障害やなだれに注意」を呼びかけている。
 1月31日(土)の小樽市内は、断続的に雪が降り続き、13:00現在の積雪は、73cmとなっている。