師走の雪で大荒れの日曜日!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

snow11.jpg
 師走に入って最初の週末の4日(土)・5日(日)の小樽市内の天候は荒れた。4日は、雨が降り続きこれまでの雪を融かした。しかし、5日になると低気圧の通過で、一転して師走の雪となり、14cmの積雪を記録した。

 このため、札樽道の交通止めなどで道路にも大きな影響がでた。日曜の市内は、終日雪に埋もれ、街は白一色になった。

 札幌管区気象台は、12月5日08:37から「低気圧に関する気象情報」を発表し、雪による交通障害、突風や高波、電線着雪、なだれ等に注意を呼びかけている。

snow12.jpg
 小樽市など後志北部には、「風雪・波浪・着雪注意報」が出され、雪、風、波についての注意を喚起している。風や波のピークは、5日夜遅くになるとしている。

 日本道路交通情報センター