春の3連休!いよいよ水族館オープン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aqua2.jpg
aqua3.jpg
aqua4.jpg

 春の3連休へ初日の3月19日(土)9:00から、おたる水族館の通常営業が始まった。
おたる水族館(祝津3)の周辺は、まだうずたかい雪が見られ、海より雪交じりの風が冷たさを運んだ。19日(土)9:00の開場式には、山田勝麿小樽市長も駆け付けた。荒れた天候もあり、人の姿もまばらで、くす玉割りの子供たちも少なく、淋しいオープニングとなった。
 しかし、一歩館内に入ると、同館の誇る大型水槽を悠々と泳ぐ魚の群れや、イルカの群れに、徐々に増えた来場者から歓声が揚がっていた。
 春の特別展「シャーク・テイル」に登場する魚たち、オスカーのホンソメワケベラ、ローラのミノカサゴ、アンジーのエンジェルフィッシュなども実物展示されている。同館では、「今回の特別展示では、魚も入手するのは珍しいものでもないので難しくなかったが、映画会社との著作権の問題での交渉が大変だった。これから多くの人に見に来て頂きたい」と、今後の集客に期待を寄せる。
 イルカスタジアムでは、オタリアの算数や音楽教室、イルカの迫力あるジャンプなどに来場者も大喜び。先着順による映画「シャーク・テイル」の入場券が当る抽選会も開かれ、当選した人から「ラッキー!」との声が響いた。
 初日の入場者数は500人で、これは昨年度初日の1,168人を大幅に下回った。

 関連記事1


 おたる水族館HP