雪あかりは「あったかいね!」「愛のフォトコンテスト」審査結果発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グランプリ
準グランプリ


 小樽の冬の一大イベント「第8回小樽雪あかりの路」の開催期間中(2/10~19)の、公募写真による「愛のフォトコンテスト」の審査結果がまとまり、4月4日(火)実行委員会から発表された。
 小樽雪あかりの路実行委員会(佐藤公亮委員長)は、3月30日(木)11:00から市役所別館4階の第3委員会室で「愛のフォトコンテスト」の審査会を開き、応募総数136件から、グランプリなどの特別賞作品8点と10点の入賞作品を選出した。
 今年のグランプリ(愛のフォト賞)に輝いたのは、市内の山田弘司さんの「あったかいね!」で、「ほのぼのとして、雪あかりの雰囲気に合致している」という。準グランプリ(小樽雪あかりの路賞)には、市内の佐藤元彦さんの「運河の祈り」で、「演出・構図ともに優れている」という。
 応募作品も年々優れた作品が多くなってきており、「レベルが高い。フォトコンテストの質が上がって来ている」(観光振興室)と来年に期待する。
 この入選作品は、運河プラザや市役所などで展示する予定だが、現在、日程を調整中で、今回入賞した作品8点は、来年の雪あかりの路の切手シートに使用される予定。問合せ 0134-32-4111 内線267 観光振興室内 雪あかりの路実行委員会。

iphote.jpg