「仁木町阿波踊り」披露!小樽貴賓館8/27

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道仁木町の郷土芸能「仁木町阿波踊り」が、8月27日(日)、小樽貴賓館(祝津3)で披露される。小樽では初の試みで、「あなたも一緒に踊ってみませんか」と呼び掛けている。
 これは、小樽貴賓館(旧青山別邸)のイベント企画で、仁木町阿波踊り会「仁木連」による、笛・鐘・三味線・締め太鼓・大太鼓に合わせて、流し踊りと舞台踊りを披露するもの。12:40からと13:40から2回(各30分)、同館の庭園で行われる。
 同会は、徳島からの移住者が故郷を懐かしみ、その伝統芸能を北の大地に受け継ぎたいと1976(昭和51)年に発足。北海道では仁木町が発祥の地で、仁木町の郷土芸能となっている。

 小樽貴賓館HP


nikiawaD.jpg