コツメカワウソのトンネル水槽新設!おたる水族館オープン3/17!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 おたる水族館(祝津3)の2007(平成19)年度の営業が、3月17日(土)からスタートする。
 今年の目玉は、世界最小のカワウソの仲間・コツメカワウソが、新設されたトンネル水槽でのパフォーマンスを見せるユニークな展示。このため、水槽の観覧通路側にサブ水槽を新設した。足下と空中に透明なアクリルのトンネルを設置。この両水槽をつなぐ通路を行き交うコツメカワウソのかわいい姿が見られる。
 17日(土)のオープンに合わせて始まる、春の特別展「懐かしのヒーローたち」~時代を彩った生きもの~(3月17~5月6日)では、1950年代から現在までに一世を風靡した生き物に焦点を当て、エリマキトカゲやウーパールーパー、人面魚など7種150点を展示する。生物とともに当時の時代背景を取り上げたパネルも展示し、「親子で見てもらって話が弾めば」としている。
 昨年設置した「ネズミイルカとゴマフアザラシのほのぼのプール」には、メスのゴマフアザラシ3頭(愛称:ぢゃいこ・マスコ・もえ)が仲間入りした。4月28日(土)からは、モモイロペリカンを初公開する。
 今年のパンフレットとホームページは、職員が愛情を込めて作ったニューバージョン。立体的な館内マップで、同館の生き物がどこにいるかがひと目で分かる工夫を凝らしている。
 3月17日(土)のオープン日には、9:00からオープニングセレモニーを開催。花火を打ち上げ、くす玉割りを行う。隣接する祝津マリンランド(遊園地)のオープンは4月上旬、小樽市鰊御殿のオープンは4月7日(土)から。

 おたる水族館HP


spring.jpg