小樽市選出道議に池田・花岡・八田の3氏!自民共倒れ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 定数3を5人の候補者で争っていた小樽市選出・道議会議員選挙で、民主党現職の池田隆一(62)、共産党現職の花岡ユリ子(52)、無所属新人の八田盛茂(50)の3氏が当選となった。自民党現職の久田恭弘氏(71)は及ばず、議席を失った。返り咲きを狙った自民党推薦・元職の山口眞人氏(74)も及ばなかった。
 この結果、自民党の共倒れで、無所属新人の八田氏が新たに議席を獲得し、自民党は貴重な議席を失った。
 道議選の結果は、小樽市長選の前哨戦としての意味合いがあったが、無所属新人が自民党現職を打ち破ったことで、次期市長選で、自・公・民のオール与党体制の現職・山田勝麿市長と、元自民党の新人・佐藤静雄陣営に大きなショックを与えることとなり、無所属若手の新人・森井秀明氏に、有利な状況になるとの見方が広がっている。