GWのフェリーを守れ!海保警乗隊出動!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kaiho.jpg  ゴールデンウィークのカーフェリーを守る小樽海上保安部の海上保安官警乗隊が、5月1日(火)から船内に乗船し、巡回警戒にあたっている。
 小樽海上保安部は、「旅客の往来が活発化するゴールデンウィーク期間において、特別警戒期間を設け、カーフェリーへのテロ行為・船内犯罪を未然に防止し、乗客、乗組員等の安全の確保、安心感の醸成を図る」ことを目的とし、関係海上保安部署と連携を図り、小樽~新潟間、舞鶴間のカーフェリーを巡回警戒する。
 5月1日(火)9:00から、小樽港勝納ふ頭で出動式が行われた。その後、5号岸壁に着岸中のフェリー「ゆうかり」に乗り込み、ヘルメットなどを身に付けた隊員2名が入口に立ち、乗船客のチェックを行った。他の隊員たちは車両や船内をくまなく検索し、安全を確認していた。(写真提供:小樽海上保安部)