空気銃所持でロシア船員逮捕!小樽海上保安部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kukiju.jpg 小樽海上保安部は、6月26日(火)19:00に、小樽港に着岸中のロシア籍貨物船の乗組員が、空気銃を所持していたとして18:45に逮捕した、と発表した。
 小樽海上保安部は、6月25日(月)、小樽港第3ふ頭着岸中のロシア籍貨物船アロマシェフを小樽税関支署と合同で立入検査したところ、同部職員が、同船の二等航海士のコチェノック・イゴール(ロシア人男性・33歳)の居室から、空気銃らしきものを発見した。
 発見後、同空気銃様のものについて鑑定を行ったところ、同銃が空気銃であることが明らかになった。このため、同部では、逮捕状の発付を受け、空気銃を所持していたコチェノック・イゴールを、18:45に、銃砲刀剣類所持等取締法違反の容疑で逮捕した、と発表した。
 貨物船AROMASHEV(アロマシェフ・172トン・乗組員13名)は、6月25日(月)にウニを積んで小樽港に入港していた。(写真提供:小樽海上保安部)