ボジョレーヌーボー解禁日の『ワイン会』!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


beaujolais.jpg 小樽酒販青年会(遠藤友紀雄会長)は、11月15日(木)のボジョレーヌーボーの解禁日に合わせ、『ワイン会2007』をヒルトン小樽(築港)で開催する。
 ワイン会2007秋の味覚とワインのマリアージュは、同会が1998(平成10)年から開催しており、毎年150人のワイン好きが、ボジョレーヌーボーの解禁日に集まり、ワインを堪能している。
 今年は、ヒルトン小樽が用意する料理に合わせて、地元・小樽で生産されている北海道ワインのシャンパンと白・赤ワインなど5種類や、ボジョレーヌーボー、ロマネコンティ社のワインなど計20種類が用意される。
 「ボジョレーヌーボーの解禁日に、ワインとワインにまつわる食文化をより深く認識してもらいたい」と、参加者を募集している。今年は、事前申込制の会費8,000円(着席・夕食付)となっている。
 ワイン会は、11月15日(木)19:00から、ヒルトン小樽5階。定員80名で、定員になり次第締切。申込締切10月31日(水)。問合せ:0134-22-0386 小樽酒販青年会。