大雪の小樽市内、JRやフェリーに運休や遅れ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0124.JPG 急速に発達した低気圧の影響で、24日(木)の小樽市内は、大雪に見舞われている。


 市民は早朝から雪投げに追われ、JR函館本線では運休・遅れ、小樽・舞鶴間のフェリーには運航の遅れが発生し、交通障害が多発している。
0124-1.JPG 札幌管区気象台では、5:45に、小樽を含む後志北部に「大雪、風雪、波浪、なだれ注意報」を出し、「後志北部では、24日夕方までの12時間降雪量が30センチとなるため、大雪やなだれによる交通障害、突風や高波に注意して下さい」と呼びかけている。
 また、「暴風雪と高波および高潮に関する北海道地方気象情報 第3号」も発表しており、「日本海を低気圧が急速に発達しながら北海道に近づいています。北海道地方はこれから風が急に強まり、24日朝から夜遅くにかけて雪を伴って非常に強く、陸上では猛ふぶきとなり、海は大しけとなる見込みです」と予報している。
0124-2.JPG 市内高島町では、商店主や主婦がスコップや除雪機で歩道の雪投げに追われていた。祝津に向かう海岸高島線から高島小学校方面へ抜ける高島中央線沿いでは、投雪口のフタがずらりと開けられており、市民たちは家周辺の雪を次々に投げ入れていた。
 同町・主婦は、「20年以上も前から冬はフタが開けられていて、みんな家の雪をここに投げている。道は狭くなってしまうけれど、本当に助かるわ」と話していた。
 10:02現在、JR北海道では、小樽・札幌間の函館本線などの運転を見合わせており、「本日(1/24) 低気圧による降雪の影響により、現在、函館線・室蘭線:森~東室蘭間の上下線で列車の運転を見合わせています。同区間を運転する列車に、運休・遅れが発生しています。ご利用のお客さまには、お急ぎのところ大変ご迷惑をお掛けしておりますことを、お詫び申し上げます」と述べている。
 また、新日本海フェリーでは、1月23日(水)から、「海上荒天に伴う運航状況のご案内」をHPにアップし、小樽発舞鶴行の遅れを掲載している。
 低気圧による列車への影響について
 海上荒天に伴う運航状況のご案内(08/1/23)
 暴風雪と高波および高潮に関する北海道地方気象情報 第3号