北海道にも「海の駅」を!国交省北海道運輸局

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道にも「海の駅」を設置しようと、国交省北海道運輸局が、28日(月)、第1回北海道「海の駅・マリンロード」設置推進会議(仮称)を、KKRホテル札幌で開催する。
 「海の駅」は、道の駅の海版で、全国99駅(平成19年10月末)の登録がある。しかし、北海道では、まだ設置されていない。
 このため、運輸局では、北海道各地の港に、「誰でも、気軽に、安心して立ち寄り、利用できる港(場)」とする海の駅の設置を目指している。
 現在、小樽・函館・室蘭・苫小牧港のマリーナが海の駅の登録を予定している。小樽では、小樽港マリーナが候補に上がっている。
 小樽港マリーナでは、「積極的に参画する気持ちがあるが、推進会議が立ち上がるということなので、今後、前向きに検討していく。海の駅設置で、マリーナが楽しみ・遊びの場として広がるようにしたいので、周辺とも協力したい」と話している。
 北海道における「海の駅」設置に向けて!!