大雪の小樽、今冬最大積雪100cm超え 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0217-1.jpg 雪あかりの路最終日となった2月17日(日)の小樽市内は、冬型の気圧配置となり、大雪に見舞われている。16日(土)夜から断続的に雪が降り、17日(日)11:00には、今冬最大積雪105cmを記録した。
 午前の市内は吹雪いており、視界が遮られるほどで、車はノロノロ運転を余儀なくされ、歩行者は雪に足を取られながら歩いていた。市内の全域は、真っ白の雪にすっぽり覆われ、雪国小樽が現出している
 札幌管区気象台は、小樽を含む後志北部に、16日(土)から「なだれ注意報」を継続発令しており、「17日夕方にかけて、なだれに注意して下さい」 と呼びかけている。
0217-2.jpg 1mを超える大雪に見舞われた市内各所では、早朝から雪かきに追われる市民の姿が多く見られる。家の前に高く積まれた雪山の上に、さらに雪を投げ、「今年は少ないと思っていたのに、やっぱり帳尻が合うのね」 とため息をもらしていた。11:00の気温は、-1.7℃で、さらに雪が吹き付けている。
 市内錦町では、スーパーの買い物客が、食材でいっぱいに膨らませた買物袋を両手に下げて、時折吹く強い雪風に髪を乱しながら家路を急いでいた。
 18日(月)も、「後志地方では曇りで昼前まで時々雪が降るでしょう」(同気象台)と予報しており、最低気温は-11℃という。