小樽雪あかりの路で、韓国ドラマロケ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


korea1.jpg 小樽市内で開催中の「第10回小樽雪あかりの路」で、韓国ドラマ「甘い人生」のロケが始まった。
 ドラマ「甘い人生」(キム・ジンミン監督)は、韓国MBC週末特別企画で、韓国で人気が高い俳優“イ・ドンウク”と女優“オ・ヨンス”が出演する。友人の死を確かめるため調査に出た刑事(イ・ドンウク)と、夫の浮気に気付いて自殺しようと家を出た主婦(オ・ヨンス)が、旅先の北海道で出会ってしまう恋愛ドラマ。
 韓国でも広く知られている小樽雪あかりの路の会場をはじめ、小樽運河やメルヘン交差点など小樽市内各所でロケが行われる。
korea2.jpg 雪あかりの路での撮影は、14日(木)19:30から、メインの手宮線会場でスタートした。大勢のエキストラや関係者が会場に集まる中、市民や韓国・中国人ボランティアたちは、雪あかりを消さないために必死に作業にあたっていた。雪あかりの路は21:00までだが、このドラマ撮影には深夜まで雪あかりが灯されることになる。ボランティアたちは、スノーキャンドルやワックスボウルに火を灯して、撮影場所に明かりを照らし続けた。
 このドラマは、5月3日から毎週土・日に韓国で放映される。「韓国からは、右肩上がりで観光客が訪れているので、この放映でさらに増えてくれるのではないか」(小樽雪あかりの路実行委員会)と期待している。また、関係者の話では、「北海道の民放テレビ会社と提携しているので、北海道でも放映される可能性もある」としている。