「蜃気楼を作れるって本当?」 博物館のサイエンスカフェ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 蜃気楼発生装置の開発者を迎えるサイエンスカフェ「蜃気楼を作れるって本当?」が、2月24日(日)13:30~15:00、小樽市総合博物館(手宮1)2階研修室で開かれる。
 サイエンスカフェ「蜃気楼を作れるって本当?」では、富山県の蜃気楼発生装置開発者・木下正博さんが、富山の蜃気楼と装置開発の苦労話などを公開する。市博物館・大鐘卓哉学芸員が開発した実験装置の改良版を使って、蜃気楼を観察したり、自宅でも出来る蜃気楼の実験の紹介がある。
 小樽では、初夏に石狩湾に「高島おばけ」と呼ぶ蜃気楼を目撃することが出来るので、このサイエンスカフェが参考になる。
 料金は、通常の入館料(冬期一般300円・高校生と70歳以上の市内在住者150円・中学生以下無料)。申込不要。問合せ:0134-33-2523
 関連記事1
 サイエンスカフェ「蜃気楼(しんきろう)を作れるって本当?」