小樽テレビ"/> “幻の手宮滝”早くも出現!春の到来告げる水音  (小樽ジャーナル https://www.otaru-journal.com)
“幻の手宮滝”早くも出現!春の到来告げる水音 小樽テレビ (2008/03/08)

 年1回の雪解け時期にだけ現れる“幻の手宮滝”が、昨年より3週間も早く登場し、その水音が小樽に春の到来を告げている。


 “幻の手宮滝”は、市内手宮から祝津に抜ける道道小樽海岸公園線の手宮洞窟保存館(手宮1)脇に出現する。手宮公園に積もった雪が解け出し、北海道鉄道発祥の遺産でもあるレンガ積みの擁壁を流れ落ちる。


 3月に入り、市内の気温は急上昇し、暖かい春の陽気が続いていた。このため、昨年より3週間も早く手宮公園の残雪が解け出し、“幻の手宮滝”が出現した。


 快晴となった8日(土)、まだ解け出す水の流れは弱く、遠くからでは滝の姿が確認しづらいが、近くによると、やさしい水音が奏でられ始めている。雪解け水の滝の流れで、春の到来を実感することが出来る。


 今後、さらに気温が上昇すると、流れ落ちる雪解け水の量が増え、本格的な滝となる。季節の移ろいとともに、早春のわずかな期間だけに姿を現すこの“幻の手宮滝”は、雪国小樽に、いち早く春の到来を告げる風物詩ともなっている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬道安全運転講習会 約40名が体験

冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈