日・独・米の音楽交流 「小樽・サウンドサミット」 5/17

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日・独・米の3カ国のアーティストを招いて、北海道洞爺湖サミットの成功を応援する「国際親善音楽交流コンサート・小樽・サウンドサミット」(入場無料・小樽市民会館主催)が、5月17日(土)18:00から開かれる。
 日本からは、札幌芸術の森を拠点に活動する中学生ジャズバンド「札幌・ジュニア・ジャズスクール」が参加する。ドイツからは、北ドイツ放送響・西ドイツ放送響のメンバーを歴任したチェロリストのフリーデリケ・キーンレさん。アメリカからは、「米国空軍太平洋音楽隊・パシフィック・トレンズ」。
 主催の小樽市民会館は、「世界共通の言語ともいえる音楽の交流を通して国際親善を図るとともに、私達の身近な環境問題をテーマとしたサミットの開催に向けた機運を高め、皆さんの応援でサミットを成功させましょう」 と、多くの市民の参加を期待している。
 コンサート当日、サミット記念植樹会を企画している“北海道”千年の森プロジェクトを応援する募金箱が設置される。
 入場無料だが、整理券が必要。問合せ:0134-25-8800 小樽市民会館
 関連記事1
 小樽市民会館HP