防火・防災ポスターコンクール 力作10点表彰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽市消防本部(土田和豊消防長)は、火災予防広報活動の一環として、令和元年度防火・防災ポスターコンクールを実施し、10月11日(金)16:30から、小樽市民会館(花園5)5・6集会室で表彰式が行われた。

 小樽市消防長賞に、奥沢小6年生の森田歩さんの作品が選ばれ、“マッチ1本火事の元”の文字が、炎とマッチの絵とともに描かれている。

 同ポスターコンクールは、市内小学生を対象に、火災予防や防災についての理解を深め、この活動を通じて、家庭や学校での防火・防災思想の啓発と高陽が図られることを目的に、火災予防や防災をテーマにしたポスターを8月1日から9月2日まで募集し、今年は38点の応募があった。

 9月26日(木)9:30から、土田消防長が審査委員長を務め、小樽市防火協会会長・小樽危険物安全協会会長・小樽消防設備協会会長・消防次長の5名による厳しい審査の結果、10名を表彰した。

 表彰式では、1人1人(欠席1名)に、土田消防長から賞状と副賞が手渡された。

 土田消防長は、「皆さんの作品は、どれも躍動感があり、それぞれの思いが伝わる。審査委員会でも大変良く描かれていると高く評価した。これからも素晴らしい絵を楽しみながら描いて、また応募してください」と述べた。

 小樽市防火協会会長賞を受賞した高島小3年生の成田來斗君は、「炎と煙が出て、消防自動車で消火している様子を考え、クレヨンで描いた。火事になったら大変。火はこわいよと文字で描いて訴えた」と話した。

 入選した作品は、消防関係のイベント等の表紙に使用される予定。

 ポスターの展示は、ウイングベイ小樽(築港11)5番街2階喜久屋書店前で10月17日(金)~24日(金)、小樽市庁舎(花園2)渡り廊下で10月24日(金)~31日(金)に開催。

 ◎小樽市消防本部(外部)

 ◎関連記事