外人坂マンション 年内に仮設工事 12/11「住民説明会」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ams.JPG 水天宮下の外人坂での賃貸マンション建設計画で、設計事務所の(有)エー・トランスデザインワークス(秋庭哲代表取締役)は、12月11日(木)18:30から旧堺小1階(地域活動室・東雲町9)で「住民説明会」を開くことにしている。
 この賃貸マンション「AMS水天宮」建設は、2009(平成21)年夏完成予定で進められている。地上3階・地下1階の鉄筋コンクリート造・22戸で、敷地面積840.52平米、延べ面積1,286.78平米、建築面積390.19平米。50,000円から71,000円までの4タイプの部屋となる。
 建設予定地の水天宮周辺(7.7ヘクタール)は、小樽市景観計画で、特別景観形成地区の重要眺望景観地域に指定されており、事業者と市は、数回の協議を行った。結果、「色はけばけばしいものではなく、周囲の調和もとれ、水天宮からの眺望もさえぎられない」(市建設部まちづくり推進室)と、7月5日に確認通知書を送付した。
 このため、年内に仮設工事が着手されることになった。設計事務所では、12月11日(木)18:30から、周辺の相生町・東雲町・山田町の3町会を対象に「住民説明会」を開催する。
 関連記事