アフリカ難民救済チャリティ・ギターコンサート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 地球温暖化に伴うアフリカ難民救済チャリティ「中林淳真・語りべギターコンサート」が、5月31日(土)15:00、小樽市民センター・マリンホール(色内2)で開かれる。
 このコンサートでは、「日本人ギタリストとして初めてカーネギーホールでリサイタルを行う」など、世界的に活躍する中林淳真氏が演奏。右肋骨8本切断による神経麻痺3級身体障害を乗り越えて、第7回東京国際ギターコンクール優勝という実績を持つギタリストで、熟練の腕前を披露する。
 絵画的ギター組曲「中南米」から「インカ王女の子守歌」や「アンデスの笛」、このほか、「ポンセ エストリータ」、「ロブレス コンドルは飛んで行く」 などが奏でられ
る。「楽器と肉体と精神が一致した、熟練の演奏をお楽しみ頂きたい」 (小樽市民センター) と呼びかけている。
 前売り3,000円、当日3,500円。ローソンチケット(Lコード:14335)、小樽市民会館(花園5)、小樽市民センター(色内2)などで販売している。このコンサートの収益の一部は、中林氏から日本赤十字社を通じて、地球温暖化に伴うアフリカ難民救済基金に寄付される。
 また、6月1日(日)15:00、Cafe游心菴でもコンサートが行われる。料金は同額。両日券は5,000円となっている。
 世界的ギタリスト・中林淳真 語りべギターコンサート 5/31、6/1、両日開催決定!