洞爺湖サミット記念 風呂敷ワイン発売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 緑・ピンク・水色の大地のグラデーション模様の風呂敷に包まれた「2004年貴腐葡萄37ケルナー」が、北海道洞爺湖サミット記念として、7日(土)から発売される。
 貴腐葡萄37ケルナーは、第3回国産ワインコンクールで、北海道のワイナリーとして初めて金賞を受賞したワイン。日本一広大な自社畑の鶴沼ワイナリーで収穫され、保存ワインの中でも最高品質という。
 このワインを製造した北海道ワインと札幌のデザイン会社がコラボし、北海道の草花やハマナス、シマフクロウをデザインした風呂敷にワインを包んで販売することになった。「舶来文化と日本文化が融合した特別な商品となった」 という。
 現在、北海道ワインでは、ひとつひとつ手作業で、ワインを風呂敷に包んでいる。環境問題をテーマとした北海道洞爺湖サミットにちなみ、「購入後は、ぜひ風呂敷をエコバッグ替わりに使っていただき、環境や資源への関心を高めてもらいたい」と呼びかけている。3,000本限定。1本10,500本(税込)。
 2004鶴沼ノーブルロット37ケルナー