「海とあそぼう マリン・フェスタ in 小樽」に人出 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 3連休の中日となった7月20日(日)、築港臨海公園、小樽港マリーナ、ウイングベイ小樽の3会場で、「海とあそぼう マリン・フェスタ in 小樽」が開催された。
 生憎の曇り空となったが、大勢の家族連れが会場に足を運び、モーターボートや水上オートバイの体験乗船、ポートウォッチングなどの海のイベントを楽しんだ。
 イベントのオープニングでは、重さ150キロの水上オートバイのフリースタイルが披露された。デモンストレーターたちは、マシンと一体になり、空中で一回転したり、水しぶきをあげたりと豪快な技を次々に繰り出した。会場からは、「おおすげえ」、「カッコいい」などと大きな歓声と拍手が上がった。K38PWCレスキューによる救助デモンストレーションが行われた。
 人気のスーパーキッズボート体験操船では、小さな黄色の救命胴衣を身につけた子供たちが長い列を作った。自分で簡単にハンドル操作出来ることから、多くの子供たちが挑戦。助手席にお父さんやお母さんを乗せて、臨海公園前水域をぐるっと一周した。
 札幌の野戸学さん(37)は、「子供もそうですが、毎年僕も楽しみにしてます」。菜々子ちゃん(4)は、「今年で3回目。すごい面白かった」 と笑顔で話していた。
 会場には、「ウクゾウ」と「べいくりん」のキャラクターも登場。子供たちは、記念写真を撮ったり、「抱っこして」、「一緒に遊ぼう」 などと楽しんでいた。