市議会各常任委開く 議案6件を可決・承認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 9月26日(金)、小樽市議会第3回定例会は、総務・経済・厚生・建設の各常任委員会を開き、付託された市提案の議案6件を可決・承認した。
 総務常任委では、公益法人等への小樽市職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例案、北海道市町村備荒資金組合規約の変更について、小樽市土地開発公社定款の変更についての3件を全会一致で可決した。また、共産党提案の小樽市非核港湾条例案は、自民・公明の反対で否決となった。
 厚生常任委員会では、小樽市化製場等に関する法律施行条例の一部を改正する条例案と先決処分報告(転倒事故に係る損害賠償額)の2件を全会一致で可決・承認。
 建設常任委員会では、小樽市ラブホテル建築規制条例案を全会一致で可決した。
 関連記事