全線開通した国道393号の愛称募集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市から赤井川村を抜け倶知安町までを結ぶ、国道393号の全線開通に伴い、沿線3市町村と商工・観光関係団体は、この道路にぴったりな愛称を募集している。
 国道393号は、今年9月6日に全線開通。小樽市ー赤井川村ー倶知安町間の海や山、森や畑などを巡る約60km。愛称募集委員会では、「観光振興や地域間交流の活性化につなげたい」と、この道路の愛称を、10月15日(水)から11月25日(火)まで募集している。採用された愛称は、観光パンフレットなどで広く活用することにしている。
 採用者1名には、1万円相当の3市町村特産品詰め合わせ、副賞の3人には5,000円相当の商品が贈られる。
 応募方法は、愛称と愛称の説明、住所、氏名、年齢、職業(学生の場合は学校名・学年)、電話番号(メールアドレス)を記載し、はがきかファックス、メールで。小樽市観光振興室・赤井川村産業課・倶知安町商工観光課の各窓口でも応募を受けている。
 愛称は、12月上旬に開催される選考委員会で選定する。
 応募先は、〒044-0001 倶知安町北1東3、事務局・倶知安町商工観光課(ファックス0136-23-2044)、r393aisho@town.kutchan.hokkaido.jp。問合せ:0136-22-1121事務局
 関連記事
 国道393号(PDF)