小樽市功労者に3氏 美術・音楽・福祉に貢献

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 平成20年度の小樽市功労者3氏が、このほど選出された。
 今年度の功労者は、教育文化功労に入船4の白江正夫さん(81)と緑3の大道恒雄さん(78)、社会民生功労に稲穂1の北川永一さん(83)の3氏。
korosiroe.JPG 白江さんは、市展委員や小樽市成人学校講師を努めるなど、主に水彩画の指導を通じて美術の振興に尽力した。
korodaido.JPG 大道さんは、中学校の教員として長年音楽教育に力を注ぎ、小樽少年少女合唱団をはじめとする多くの合唱団の結成や指導に力を尽くした。
korokitagawa.JPG 北川さんは、医師として、長年眼科医療の充実や発展に力を注ぎ、視覚障害者の福祉向上に尽力し、多額の私財を投じて点字図書館の充実を図り、社会福祉向上に貢献した。
 表彰式は、12月5日(金)10:00から、ヒルトン小樽5階「銀河」(築港)で行われる。