無料公開講座と健診に300人 いい歯の日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


118-1.JPG いい歯の日の11月8日(土)、小樽市歯科医師会(笠間茂会長)の無料市民公開講座と健診・フッ化物塗布が、市民センター・マリンホール(色内2)で開催された。
 市民公開講座では、倉治ななえ歯科医師の「美しい歯と心を育てる子育て歯科」、中野良信アームレスラーの「力は噛むこと食いしばること」、京谷和央UHBキャスターの「ニュースの現場から再発見!元気が出る小樽のヒント」の講演が行われた。
118-2.JPG ロビーで行われた無料健診とフッ化物塗布には、約300人の市民が詰め掛け、歯科医9名と衛生士10名は対応に追われていた。子供たちは、大きく口を開けて、むし歯をチェック。「泣かなかったよ」、「きれいと言われた」と話していた。
118-3.JPG また、会場には、春のむし歯予防デーの際に募集した、子供たちの絵も飾られていた。小樽市歯科医師会の入選作品10点と、北海道歯科医師会の入選作品1点など54点がパネルに展示され、来場した子供や親が鑑賞していた。