小樽・後志北部に「暴風雪、波浪警報」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1月14日(水)20:31、小樽を含む後志北部に「暴風雪、波浪警報」、「大雪、雷、なだれ、着雪注意報」が出された。
 札幌管区気象台によると、秋田沖に低気圧が急速に発達しながら、15日(木)朝には宗谷海峡付近に達する見込みとしている。このため、14日(水)夜から15日(木)の明け方にかけて大雪になり、交通障害に注意が必要と呼びかけている。
 「後志北部では、15日未明から明け方にかけて、北西の風が海上で25メートルと非常に強く、海は大しけとなるでしょう。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害や暴風、高波に厳重に警戒して下さい」と警戒を強めている。