小樽グランドホテル閉館に伴う雇用対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道後志支庁は、2月15日の小樽グランドホテル(稲穂1)の閉館に伴い、「大量の離職者の発生が見込まれる」として、1月20日(火)から、雇用危機対策プログラムの実施と労働相談窓口を設置している。
 事業内容は、小樽公共職業安定所等と連携する離職前合同説明会(1月28~30日)や総合相談会、求人要請の実施、勤労者福祉資金貸付制度の活用などの7事業。
 労働相談窓口は、後志支庁小樽商工労働事務所(富岡1・小樽合同庁舎内)に設置している。
 問い合わせ:0134-22-5525 
 関連記事
 小樽グランドホテル等の閉館に伴う雇用対策の実施について