小樽ロケの映画「恋極星」 試写会開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨年小樽市内でロケが行われた映画「恋極星(こいきょくせい)」の試写会が、1月21日(水)、スガイシネプレックス札幌劇場(札幌市中央区)で開催された。
 「君に光を」(ミツヤオミ氏・別冊フレンド)が原作の同映画(AMIY MORI監督)は、北海道を舞台とした純愛ラブストーリー。
 物語は、「両親を亡くし、自閉症の弟のために、一人、生活を送る菜月(戸田恵梨香)。10数年ぶりに現れた幼なじみの颯太(加藤和樹)の優しさに触れ、次第に打ち解けていく。弟と3人で幸せに過ごしていけると思っていたある日、つきつけられる突然の別れ。しかし、彼に宣告されていたもっと辛い事実を知ることになる。菜月が取った人生の選択とは・・・」。
 北海道ロケの大半は、小樽市内で行われた。潮見台浄水場、 オタモイ市営住宅、和光学園、石山町の十間坂などで撮影された。
 試写会に出席した小樽フィルムコミッションの岩田智之事務長は、「小樽で撮影された潮見台浄水場や和光学園、オタモイ市営住宅などが、とてもきれいなシーンに仕上げられていた。ラブストーリーとマッチしていて良かった。フィルムコミッション会員のエキストラさんたちも画面に多く映っていた」と話している。
 「恋極星」は、3月14日(土)に全国ロードショーされる。しかし、ワーナー・マイカル・シネマズ小樽では上映予定がないという。同館スタッフや小樽フィルムコミッションなどでは、「小樽でロケが行われたのだから」と、小樽上映の実現に取り組んでいるが、まだメドは立っていない。
 関連記事
 恋極星 オフィシャルサイト